お役立ちブログ 幼児教育

ADHDや発達に偏りのある子どもの教育には「フラッシュカード」が効果的な3つの理由

2021/03/12

自閉症スペクトラム(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの発達障害を抱えるお子さんの教育、どう進めていくべきか悩みますよね。

今回は教育現場・療育施設で採用されている「フラッシュカード」について、実際にどんな効果があるのかまとめました。

また恥ずかしがりやのお子さんでも大丈夫!ご自宅でお子さんのペースに合わせて、フラッシュカードで学習する方法をご紹介しています。

フラッシュカードとは

フラッシュカードとは

フラッシュカードはイラストや数字、物の名前などを書いたカードを子供に見せながら、リズムよく高速でめくり、正しい知識や単語をインプットする教育法です。
フラッシュカードを行うことで「見て記憶する」という能力が身に付きます。
また、左脳右脳両方に刺激を与えることができるので、教育現場・療育施設などあらゆる場面で取り入れられています。

フラッシュカードで効果が出た事例

フラッシュカードが発達に偏りがあるお子さんに対して、どんな効果をもたらすのかを記した論文は発表されていません。
しかしフラッシュカードを行うことで成果が出た事例は報告されています。

読み書き困難児童に対するフラッシュカードによる読み指導の効果として漢字の読みを指導したところ、未修得であった漢字を全て習得。
さらに漢字についてイメージ想起する発言がみられるようになった。
引用文献

多くの教育現場・療育施設で採用されていることからもフラッシュカードの効果は一定の効果を期待できます。
次にフラッシュカードが効果的な理由と注意点についてお伝えしますね。

フラッシュカードが効果的な3つの理由

フラッシュカードが効果的な3つの理由

1.大量の情報を脳にインプットし、語彙力を高める

フラッシュカードの大きな特長は否応なしに多くの情報に触れる点です。
発達に偏りのあるお子さんは、雑多な環境から適切に情報を掴むことが苦手でことばの発達が上手く進まない傾向があります。
カードを瞬時に見せることで「見て記憶する能力」が自然と身に付き、情報をインプットしていくことで語彙力を高めることに繋がります。

2.興味の幅を広げる

発達に偏りがあるお子さんには発語がない・会話が成り立ちにくいという心配事があります。
お子さんの特性として「興味の幅が狭く偏りがある」ことにより広い知識を吸収できていない可能性があります。
さらに上手く言葉を伝えられないもどかしさから人やモノにあたる、癇癪をおこすなどの原因になっていることも。
フラッシュカードではお子さんの興味がある分野だけでなく、数字や文字イラストなどさまざまな情報に触れるので、色々なことに関心が向くようになります。
また知っている=自信にもつながりますね。

3.集中力を高める

じっとしていられない、興味がないことにはとことん無関心、そんなお悩みありますね。フラッシュカードでは瞬時にカードが変わるのでカード内容に着目するお子さんが多いです。
また実際にフラッシュカードを用いて学習したところ、集中力があがったという事例も報告されています。
着席してカードを見るというのは集団生活を行う上での良い練習にもなりますね。

参考文献

フラッシュカードを行う上での注意点

発達が気になるお子さんにフラッシュカードが効果的であることが分かりましたが、ただ行うだけでは逆効果な面も...
フラッシュカードを行う上での注意点についてまとめました。

お子さんが落ち着ける空間で行う

なかなか、新しい環境になじめなかったり、ソワソワしがちなお子さんに対して、無理に新しい環境に連れて行くと心が不安定になってしまうことがあります。
お子さんの性格を見極めて、教室などで学習するのが難しい場合は自宅でお子さんの好きなタイミングで勉強する方法がおすすめです。

星みつる式DVD

【家庭療育DVD教材 10巻】|星みつる式フラッシュカード(3歳~小学生 対象)
44,200円(税込)

アマゾンで見てみる

視覚だけでなく、五感で理解を深めることが必要

フラッシュカードは文字、絵などを「目で見て」インプットします。
しかし視覚だけでなく、実際に食べる、聞く、触わる、嗅ぐといった五感を刺激しながら言葉の理解を深めていくことが大切ですよね。
お子さんの感性を伸ばすためにも色々な体験に触れさせてあげましょう。

フラッシュカードには熟練した技能が必要

フラッシュカードはただカードを速くめくれば良いというわけではありません。
お子さんの成長にあったスピードでリズムよく実施していくことが大切です。
また1回きりだけでなく、継続してお子さんのルーティンの中に組み込んでいくことが重要になってきます。


フラッシュカードの効果と注意点についてお伝えしました。
家庭学習の方法でフラッシュ映像DVD がありますが、お子さんが見るのを拒んだり飽きたりしたら終了という懸念があります。


次にご自宅でお子さんの好きなペースでフラッシュカードで学べて、成長しても学習に活かせる勉強アプリのご紹介をしますね。

お子さんのペースでフラッシュカード学習!大きくなっても学習に役立つアプリは

マナビティ単語帳は文字や画像などを取り込んでオリジナルフラッシュカードを作成し、暗記することに特化したアプリで、基本操作は無料です。
月額600円のプレミアムプランでは「自動めくり機能」があり、最速スピードでカードを自動再生でき、フラッシュカードの再現が可能です。

マナビティ単語帳での学習メリット

お子さんのオリジナルカードが作れる
カードは再生ボタンを押せば自動で再生
好きな場所・時間に学習できる
お子さんが成長しても学習アプリとして長く活用できる
iPhone、iPadお好きな端末で学習
月額コストを抑えられる(プレミアムプラン600円)

一度カードを作成してしまえば、あとは好きなタイミング・場所で実施するだけ。
フラッシュカードとしてだけなく、お子さんが成長してからも学習アプリとして役立ちます。

[マナビティ単語帳]いますぐダウンロード

フラッシュカードの効果まとめ

ADHDなど発達に偏りのあるお子さんへのフラッシュカードには3つの効果が期待できます。

  • 大量の情報を脳にインプットし、語彙力を高める
  • 興味の幅を広がる
  • 集中力を高める

一方、下記の3点に注意して行う必要があります。

  • お子さんが落ち着く環境で行う
  • 五感を刺激する
  • フラッシュカードには熟練した技術で行う

自宅でお子さんのペースでフラッシュカードを再現する方法は暗記に特化した勉強アプリ「マナビティ単語帳」がおすすめです。
マナビティ単語帳には”自動めくり機能”があり、お子さん用に作成したカードを自動かつ最速スピードで再生することができます。
月額600円とコスパがよく、お子さんが大きくなっても学習ツールとして役立ちます。

[マナビティ単語帳]いますぐダウンロード

アプリ名 単語帳アプリ 単語帳メーカー
対応OS iOS 9.0〜
カテゴリ 教育
評価
4.6 (3,140 ratings )
価格
無料(¥0
ダウンロード iOSアプリ
  • @tangomakerをフォロー
  • FACEBOOKでシェア

-お役立ちブログ, 幼児教育